ENVIRONMENT

環境に配慮する、負担をかけない、
それが私達のミッション

NO'T OVER PRODUCT 
NO'T OVER PROTECTION

armiでは環境に配慮したものづくりをミッションとし、
過剰生産・過剰包装をいたしません。

できる限りミニマルなものづくりと合理的なパッケージ、
リサイクルやエコロジー素材の活用などを積極的に選択します。

現在は過去からの贈り物。私達が未来に残せること。


At armi we make it our mission to be considerate of the environment when manufacturing our products.
As a result we do not overproduce or over pack our items.

We are actively seeking out ecological and recyclable materials,
minimalist product design, and logical packaging.

The present is a gift from the past. We would like to pass this gift on to the future.

PACKAGE

01/ TAG

森林破壊が世界的な問題となり、紙製品にも、3R(リデュース・リユース・リサイクル)が求められています。
古紙リサイクルは、板紙(ダンボール、ボール紙等)で92%と高く、armiの下げ札にも再生ボール紙を使用しています。
裏面にはQRコードが記載されアテンションなど多くの下げ札をつける代わりに製品情報をWEB上で閲覧することが可能です。

With deforestation becoming a global problem, the use of the three Rs(Reduce, Reuse, Recycle) is necessary when it comes to paper products.
Old paper cardboard(corrugated fiberboard, paper board) is 92% recyclable so we use recycled paper board to make the tags at armi.
Instead of having several different tags, on the backside of our tag is a QR code that will allow you to view all the product information on the web.

02/ PAPER PACKAGE

封を閉じればポストインでそのまま配送でき、中にはメールホルダーやペーパーポケットが付いているファイル型パッケージです。合理的でミニマムなパッケージは梱包資材と物流コストの削減になりCO2減少に繋がります。

こちらも下げ札同様再生ボール紙を使用しております。
FSC認証マーク取得済み。

We have designed a logical package for our product that allows you to send the package through the mail simply by filling out an address on the backside.? This helps in cutting packing and goods costs, as well as helping to cut CO2 emissions.

The packaging, just as our tags, uses recycled cardboard.
We have been granted with the FSC mark of responsible forestry.

03/ GIFT BOX

古紙100%のリサイクルペーパー / パルプモールドを利用し。製造段階では、糊や接着剤は一切無使用。また焼却時にほとんど有害物質を発生しないため、CO2の排出も極めて少なく、地中に埋めれば生分解されます。
また、デザイン性・強度に優れ「できるだけゴミとして捨てさせない」という新しいエコの概念のギフトボックスです。

We use 100% recyclable paper and pulp molds, no glues or adhesives during the manufacturing stage. Also, as we use little to no toxic substances during the incineration process, CO2 emissions are minimal and the materials are biodegradable when buried underground.
This package was create as a new eco-friendly idea of a gift box. With its excellent design and durability you won't want to throw it out.





SOCIAL ACTION

現在は過去からの贈り物。
今私達が未来に出来ること。

CHANGE BEFORE YOU HAVE TO.

モノ、コトを通じて共同体験を。

人とのコミュニティーから生まれる新しい価値観が、
カルチャーを創造することを目的とし活動しています。

We are working with the goal of bringing people together through shared experiences with our products through

which new cultures and values can be born.

TOPICS

armi IVENT info_工場蚤の市2018

あと一歩で商品にならなかったものや工場の隅で眠っていたサンプル品、使わなくなった道具、また、廃材などに手を加え新しい価値を生み出したアップサイクル品などを販売するマーケット「工場蚤の市2018」に出展いたします。

Market that sells items that did not become a product in one more step, sample items that were sleeping in the corner of the factory, tools that are no longer used, and added up cycle products that added new values to waste materials etc. "Flea market Flea Market 2018 We will exhibit it.

DATE 2018/4/14.sat-15.sun 11:00-16:00
PLACE_三条ものづくり学校


熊本和綿プロジェクト_JAPONES COTTON

国内自給率0%の綿栽培。安心安全をうたうオーガニックコットンですが輸入に頼っているのが現状。
armiでは熊本の和綿栽培を地球農園さん協力の元、震災により耕作放棄された御船の畑で栽培しています。私達の着る洋服がいつの日か完全なメイドインジャパンになる日を信じて。

The current domestic self sufficiency rate for cotton cultivation is 0%. At the present state Japan relies on imports for our safe and secure organic cotton.
At armi we are cooperating with Kumamoto's EarthFarm to cultivate organic cotton in cultivated land that was abandoned due to the earthquake. We believe that one day the clothes we wear will be completely made in Japan.


旅するT-SHIRT屋_ TABI Tee

直接顔をみて、話して、手にとって頂きたい。
その気持ちから街を飛び出し、ファッションカーarmi号であなたの街に繰り出します。
その土地土地で出会う人々との化学反応を楽しみに、ワークショップやイベントを交えながら日本全国走ります。
その模様は随時ブログで更新します。見かけたら是非声をかけてくださいね。

We would like to see you, talk to you, and let you hold our merchandise in your own hands.
This is why we will use our armi Fashion Truck to come to your town.
We will travel the entire country holding workshops and events to meet different people and to see your reactions.
You can follow our truck's progress on our blog updates. If you see our truck, please, come say hello.