JAPAN MADE

思いの宿るモノには
人生を豊かにする力がある。

メイドインジャパンにこだわる理由

脈々と受け継がれてきた日本のモノづくり。

その品質には、日本ならではの精緻な技術の数々と、
内側にあるコンセプトやストーリーを大切にした、無限大の美意識と想像力が注ぎ込まれています。

armiでは国内産業の活性化と維持を目指し、
そして顔の見える安心安全のため、
可能な限り日本製のものづくりに取り組んでいます。


Japanese craftsmanship passed down for generations.

These quality materials are brimming with infinite aesthetic beauty and imaginative power
whose concept and story has been cared for by delicate Japanese craftsman.

At armi, as we aim to invigorate and maintain domestic industry,
we are making an effort to manufacture within Japan as much as possible in order to maintain a safety and security that you can put a face to.

PROCESS

1.原料 MATELIAL

原料となる綿は原産国の気候、水、風土、農家の技術によってその地独特の風合いを醸し出し生地の風合いを左右します。
農作物なので当然ながらその年の気候により出来栄えや収穫量に差があります。現在日本ではそのほとんどを輸入に頼っています。

代表的な綿の種類
アメリカ/アプランド綿 サンフォーキン綿 スーピマ 海島綿 ペルー/ペルーピマ エジプト/ ギザ綿 ヨーロッパ/スイスコットン イタリアンコットン ギリシャコットン 中国/新疆長繊維綿 トルファン綿 インド/スビン綿 オーガニックコットン 等

The raw cotton that we use radiates the unique feeling of the climate, water, environment, and the skill of the farmers, influencing the texture of the fabric. As it is a crop, the amount harvested as well as the quality of the crop is of course decided by the weather conditions of that year. Currently, Japan relies mainly on imports.

2.紡績 SPINNING

紡績とは原料の繊維から糸の状態にするまでの工程を言います。
原料>混打綿(こんだめん)>梳綿(りゅうめん)>練条(れんじょう)>粗紡(そぼう)精紡(せいぼう)捲糸(まきいと)
といった長い行程を経て1本の糸になります。
太さや撚り方など様々な行程・手法により糸を紡ぎます。生地の個性は糸で決まると言っても過言ではありません。

The process of making the raw materials into threads from fibers is known as spinning. Raw Fibers > Opening and Picking > Carding > Drawing > Slubbing > Fine Spinning >Beaming Through the long process detailed above, one thread is created. Threads are spun through various processes and techniques that account for things like thickness and twisting methods. It is not an exaggeration to say that the characteristics of a fabric are determined by the threads.

3.編み立て KNITING

編み機にかけられ一定のテンションを保ちながら編み下げられて行きます。丸編み機で編んだ丸編地は、螺旋状に連続したループによって円筒城の布地が形成されます。
旧式の吊り編み機で編み立てた生地を吊り編み生地と呼びarmiでも使用しています。
通常は筒状に編み立てたものを切り開いて平面的な生地しますが、丸胴のまま使うことでシームレスな製品ができます。

カットソーで使われる代表的な編み方/天竺 フライス リブ スムース 等

On the knitting machine the threads are knitted while maintaining a fixed amount of tension. Cylindrical fabric is formed when circular knitted fabric made with a circular knitting machine is continuously looped in a spiral shape. At armi we also make use of loopwheeled fabrics knitted on the old style machine of the same name. Normally fabrics knitted in a cylindrical fashion are cut and made into flat cloth, but we use the round fabric as it is which makes for a more seamless manufacturing process.

4.染色 DYEING

染色(先染めと後染め)

糸の段階で染めることを先染めと言い、糸染めと杢調のトップ染めがあります。
生地の段階で染めることを後染めまたは生地(反)染めと言います。
armiではホワイトで仕上げて、化学染料無使用・媒染剤のみ使用の環境に優しい植物染めを個人オーダーで承ります。

Dyeing (Yarn-Dyeing and Piece Dyeing) Dyeing at the thread stage is called yarn-dyeing, heather, or top dyeing. Dyeing at the fabric stage is known as piece-dyeing or fabric-dyeing.
At armi we make our cloths white and then dye them only with chemical-free mordant based plant dyes as per your personal orders.


5.裁断と縫製 CUTTING & SEWING

シンプルなものほどシルエットは大切。
パタンナーは感性と計算が要求される服づくりに欠かせない重要な役割。何度も何度も打ち合わせを重ね生み出されたパターンを、正確かつ丁寧に裁断するのは大変神経を使う作業。

また縫製も着心地に直結しますので、armiはアイテムによって始末や縫い代などを変えています。そんな細かい要求にも答えてくれる工場さんは高い技術と熟練の経験があってこそ。

The more simple an item is the more important its silhouette becomes. The role of the designer is a vital one. A role which demands both emotional and logical intelligence. It is a task that requires an immense amount of sensitivity, having meeting after meeting to create and cut a new pattern in both a precise and gracious manner.
As the stitching is also directly connected to the comfort of the product, armi changes things like the start to end process and seam allowance based on the item. We have faith in the skill and experience of those factories who can cater to even our smallest of demands.

6.二次加工 PRINT EMBROIDERY etc...

armiの製品にはネームタグがありません。
動いた時に擦れたりする不快さをなくす為、プリントにしています。
これもまた日本製に拘り、常にパワフルに新しいことに挑戦する工場さんからアイディアをいただき製品化しています。

また購入後にご家庭での洗濯縮みが少ないように、製品洗いし完成になります。

There are no tags on armi products.
ags tend to scratch you and can be irritating when you move so we have gotten rid of them and instead print that information.
We received this idea from one of the factories who is particular about Japanese made products and is always looking for new, powerful challenges.

In order to lessen the amount of shrinkage when you wash it at home, we wash the product before we're done.

こうして1着が出来上がるまでには、多くの時間と労力を費やし様々な人の手を経ていきます。
こういったファクトリーに支えられ今日のarmiがあります。職人さんたちの熱い気持ちに刺激を受け、これからも日本のものづくりを発信・応援し続けます。

In this way, before one article of clothing is finished it has seen many hours of labor performed by many different people. armi exists as it does today thanks to the support of factories like this. We are able to continue supporting and delivering Japanese made products thanks to the passion of these workers.

INTERVIEW

President & CEO : SHINYA SOEDA

東京墨田区を拠点とする自社工場を営むGOOD SMITH
新しいものへのアンテナを張り、常に新しいチャレンジを繰り返すパワーとは

ー 起業についてお聞かせください

20歳の頃からプリント業界で働いています。この頃から 国内のプリントメーカーは減少し続けていましたが、
技術力で勝負すればやれると、30代前半での独立でしたが迷いはなかった。

ー 技術力には自信がある?

チャレンジの積み重ねが技術力を高めてきた自身の経験から、
GOOD SMITHでも「とにかく挑戦する」姿勢を大事にしています。
こうした取り組みが顧客から高く評価され、
スタート時には数名だった社員が今では十数名になり売り上げも好調。
平均20代半ばと若い社員を、将来を担う技術者としてしっかり育てていきたい。

ー ”メイド・イン・トウキョウ”を掲げていますが東京製の魅力とは

スピード&クオリティー
ファッションの発信地東京にはアパレル企業やデザイナーが多くいます。
近くに生産現場を持つことで、よりクイックな対応・細かい要望にも応えられます。
社内には刺繍機/シルクスクリーン/インクジェットなど様々な設備を取り揃え、
一貫生産を可能にしています。

訪日外国人やオリンピック開催などから、東京への注目は一層高まる中
これからどんな新しいことを見せてくれるのか
益々楽しみなファクトリーのお話
ありがとうございました。

株式会社グッドスミス
代表取締役 添田 慎也

〒130-0026 東京都墨田区両国1-3-11
TEL 03-6659-6700
FAX 03-6659-6701
http://www.goodsmith.jp