Re:duce PROJECT

STORY

廃棄衣料の現状とその行方

日本の衣料品は年間商品82万トン消費され、その約9割にあたる79万トンが捨てられます。
その中で、古着として再利用されるのが15万トン、工業用や原材料として再利用されるのが12万トン、修理して使うリペアが11万トン、内なんと51万トンがごみとなっています。これを枚数に換算すると20億着にも及びます。
       
衣類サイクルを平均にすると、私たち一人当たり年間約18枚購入し、12枚ほど手放し、25枚は1年間に1度も着られない洋服となります。
洋服が短サイクルで捨てられ、再活用が十分にされていない現状があります。

衣類の3R(リサイクル・リユース・リペア)率は46%、エコ大国ドイツは70%。
10年前に比べ割合が増加しつつありますが、国際的にみてもまだ低い数値だということがわかります。 (出展:株式会社日本総研 環境省 2021)

衣類をごみとして廃棄してしまう理由の多くは「手間や労力がかからないから」
ですが廃棄焼却処分で発生する二酸化炭素(CO2)は、地球温暖化などの環境問題にも大きく関わっています。

洋服が環境に与えるインパクト

では、衣類が与える環境問題について掘り下げましょう。

私たちが着ている洋服、これらの製造プロセスではCO2が排出されます。原料である植物の栽培・染色には大量の水が使われ、生産過程で余った生地など廃棄物も多くでます。        
1着あたり、CO2排出量は500mlペットボトル約255本分、水消費量は浴槽の11杯分にもなります。

年間CO2排出量の45%以上が原材料の調達によるもの、 また、国内に供給される衣服製造に必要な水の量の9割は綿の栽培に使われます。
 
armiのZan;p Teeは、通常廃棄されてしまうはずの、生産過程で余った生地を再利用して作られています。
 
「ゴミを減らす、ゴミを出さない。」
つまりは、CO2排出抑制と節水にも繋がります。

できることから一つづつ、
たった1枚のTシャツからでも、私たちが起こす確かなアクション。

Japan's clothing items are consumed by 1.1 million tons of product annually, and about 940,000 tons are thrown away. It is 140 thousand tons reused as old clothes, 100 thousand tons for industrial use and raw materials, 700 thousand tons in garbage.Converting this to the number of pieces, 2.3 billion pieces of clothing are incinerated.
Reuse and recycling rate of clothing is 20% or less.Germany is 70%. It is understood that it is a low numerical value internationally.
There are currently few methods for throwing away clothes in a short time and reusing them.

Aiming for a recycling-oriented society that effectively and repeatedly uses limited resources, actions to reduce waste, each acronym is called 3R.
1. Reduce Manufacture, process, and sell used items so that as few as possible are disposed of as waste.2. Reuse Reuse instead of disposing of used items if they can be used again.3. Recycle Recycle materials that cannot be reused or are discarded after reuse as recyclable resources.
From 1 to 3, priority is given to actions with lower environmental impact. (Extra fabric T belongs to the reduce category.) In addition to the basic 3Rs, refuse and repair?5Rs to aim for zero waste is being advocated right now.





ECOFRANDRY ACTION

他の誰でもない、自分達が今出来ること











私達が住むこの地球、他の誰がするでもない、守るのは自分。循環型社会=サーキュラーエコノミーを実現する為に、今出来ること。


-本当に必要な物か見極める

-ロングライフなデザインや製品を選ぶ

-製造には長く着れる良質なもの、リサイクル原料を積極的に使用

-過剰包装をさける

-大量生産をしない


作る側・使う側が協力しあい、双方が納得出来るプロダクトとして「Zan:p T」がここに完成しました


It is ourselves that protects the planet on which we live. What we can do now to realize a recycling-based society.
-Determine what you really need
-Long life design and product selection
-Active use of high-quality products and recycled materials that can be worn for a long time
-Avoid excessive wrapping
-Do not mass produce